日本の教育を考える

日本の教育が少しでも良い方向に進化していってほしいなと願いつつ、感じたことを書いてみます。

キャリア教育で学力が向上する理由

先月は、キャリア教育の取材をしました。

キャリア教育には二つの柱があります。

一つ目は、地域や企業と連携して行う活動です。

商店街で何かを販売するとか、職業体験をするとか、地域のボランティア活動をするとか、企業とコラボするとか、そういう活動もあります。それは子どもにとって、社会とつながるチャンスであり、視野が広がりますし、楽しい体験になると思います。

二つ目は、日頃の教科活動の中で行う活動です。

具体的には「今、学んでることは、自分のどんな力を伸ばすためにしていて、これが自分の将来にどんなふうにつながるのか」などを授業の中で確認していくのです。「キャリア教育」と聞くと、「一つ目」を想像する方が多く、こちらはあまりピンとこないのではないでしょうか。私もそうでした。でも、こちらがとても重要なのです。

 

キャリア教育の視点を明確にしていない授業の中では、子どもは先生から「やりなさい」と言われた作業を、ダラダラやるわけです。何のためにやるのか、そんなことは知りません。漠然といわれた通りに動いて、そうやって一日が終わっていました。だから、作業をしてはみても、全然身になりませんでした。

そうではなくて、「これは何のためにやるのか」を子どもたちに考えさせ、いちいち確認しながら進めていくのです。これをやると、子どもたちの反応が違ってきます。将来について考えますし、子どもが元々もっている「成長したい」という願望が刺激され、学習意欲が高まります。

その結果、キャリア教育に熱心に取り組んだ学校は、学力が向上することが多いのです。

(もっと詳しく知りたい方は、2月15日発売の「総合教育技術」2019年3月号をご覧ください。記事を書きました。)

 

全国学力・学習状況調査の上位県といえば、秋田県です。

私は秋田県の中でも、学力の高い小学校を取材したことがあります。

その小学校では、キャリア教育という名称は使っていませんでしたが、「今、何の力を伸ばすために何をするのか」というあたりを授業中に非常に丁寧に確認していました。

授業の中で、漠然と作業のしかたを教えるのではなく、きちんとその意義も含めて教えることには、大きな意味があるのです。

 

教師から子どもへのセクハラは今後も増える可能性大

教師から子どもへのセクハラなんて、絶対にやめてほしいですが、悲しいかな、今後増える可能性があると思います。

なぜかというと、教師になるような人というのはたいてい「子どもが好き」な人たちなわけですが、その中に、ロリコン的趣味を持つ人が混じっているからです。

採用時に心理テストや面接を行っても、子どもの健全な成長をサポートしたい人なのか、ロリコン的な人なのか、判別不能だと、以前、ある先生から聞いたことがあります。

その先生に私はこう、質問しました。

「教師に不向きなのは、どんな人でしょうか」

答えは、「ロリコンの人だ。これが一番大事なこと」と。

 

地域によっては教員は大量採用されていますから、教員になるためのハードルは以前よりも下がっています。教員の多様性を確保するという意味では、ハードルが下がることは決して悪いことではないのですが、多様性の中にはリスクも交じってくるということです。

 

採用時に心理テストなどをして、「ロリコン判定」が出て不合格にできればいいのですが、現在はそれが無理なわけです。

そんな現状で、学校にできることといえば、子どもの訴えから耳をそむけないことだと思います。子どもからセクハラの訴えがあったら、有耶無耶にせず、まずはきちんと調べることです。嘘の場合も、事実の場合も、どちらの場合もあるでしょうが、学校が性善説に立って、何もしないでいると被害は広がるばかりです。

すみやかに該当する先生に指摘して、疑われるような行為をやめさせることが重要だと思います。

いじめ母子心中事件と市教委の責任

仙台市で痛ましい事件が起きました。

いじめが原因で母子心中、だそうです……。

 

亡くなったお母さんは、我が子のために担任、校長に何度も相談し、スクールカウンセラーとも話し、市教委に電話し、県総合教育センター、県教委にも電話で相談し、仙台弁護士会で面談を受け、文部科学省の24時間子どもSOSダイヤルにも連絡したそうです。

 

担任、校長にはいじめを解決できず、市教委と県教委などで働く教育のプロたちは、事実を把握しても、誰も動こうとしなかったわけです。

こんなことされたら、絶望しますよ……。

 

市教委、県教委の言い分は、「学校に対応を聞いてほしい」が原則なのかもしれませんが、お母さんとしては、学校の対応ではいじめをやめさせられないから、電話しているわけです。

学校がダメだから電話してるのに、「学校に聞け」って、それはあんまりです。

 

確かに、全国を見たときに、いじめをやめさせるように加害者をきちんと指導してくれている先生たちはたくさんおられるとは思います。

でも、今回の事件でわかるように、残念ながら、適切な対応ができない担任、管理職も確実にいるわけです。

 

解決できない学校に対しては、市教委が乗りだせばいいんじゃないでしょうか。

市教委で働いている人だって、そのほとんどはもともとは先生なんだし、解決できるはずでしょう?

それが、現場を助ける「働き方改革」だと思います。

 

などというと、「そんなことをしたら、市教委がものすごく忙しくなってきりがない」などとおっしゃる方もいるかもしれません。

よく考えてほしいのです。

市教委にあとからあとからいじめの通報がくるような地域は、教員の養成方法に問題があるということです。

教員養成のしくみを根本から見直し、いじめを解決できる教員を養成するべきでしょう。

いじめを解決できない学校に対しては、市教委がもっと介入するべきです!

道徳の「手品師」が教科化でどう変わるのか

今月はずっと、道徳の取材をしていました。

「手品師」という有名な教材があります。

これは全教科書会社、8社の小学校の教科書に掲載されています。

つっこみどころがある内容なので、新聞などで「いかがなものか」とよく紹介されます。

 

どんな話かといいますと、

腕はいいが売れない手品師が、ある日、しょんぼり座っている男の子を見つけたので、手品を見せてあげました。男の子はとても喜んでくれたので、次の日も見せる約束をします。その夜、友人から「明日、大劇場のマジックショーに出ないか」と誘われます。手品師はどっちに行こうか迷って、男の子との約束を守りました。

という話です。テーマは誠実です。

 

この話を読んだときの率直な感想は、「なんじゃ、こりゃ~。人生、それでいいのかよ」です。男の子の気持ちは大事にしてあげたいけれど、チャンスをつかむほうを選んだっていいんじゃないかと、私は思いました。

そして、「男の子との約束を守った手品師は誠実でえらい、みんなもそうするべきだ」と授業で教えるとしたら、この国はいい人ばかりになるかもしれませんが、この国の未来にとってそれがいいことなんだろうかと、疑問を感じました。

 

今年度から道徳が小学校で教科になりました。中学校も来年度から教科になります。

そのキャッチフレーズは、「考え、議論する道徳」です。

文科省は「価値観の押し付けではないか」との指摘を受け、「そうならないように、『考え、議論する道徳』をする」と、言っています。指導方法を、これまでとは変える、そういう前提での教科化です。

 

取材で今回も専門家の先生にお話をお聞きしましたが、「手品師」を題材に、「考え、議論する道徳」がきちんと行われれば、ものすごくおもしろい授業になることがわかりました。

誠実とはなんだろう、と本質的なことを深く考えさせるような授業です。

 

ただですね、問題は、学校現場には、道徳の授業のやり方を変える気がない人たちがたくさんいる、ということです。

これは校長先生の方針次第のようなんですが……。

これまで通りでいいじゃないか、それでずっとやってきたんだからと、そう思っている校長先生の学校では、なかなか変わっていかないようです。

そもそも先生たちは道徳だけ教えるわけではないですからね。今後はプログラミング、英語……勉強することがいっぱいあります。できない理由はいくらでも見つかります。

そうすると、これまでのように教材を読み、登場人物の気持ちを考えさせ、「手品師はえらい。みんなも誠実に生きよう」でまとめるような、価値観を押し付ける授業が、今後も続く可能性があります。

 

ここでちょっと横道にそれまして、新学習指導要領に付いて考えてみます。

新学習指導要領というのは、10年に一度、文部科学省が定めていまして、幼稚園から高校まで、園や学校でどんなことを教えるのか、その基準が書いてあります。

新しい学習指導要領は2017年3月に告示されまして、小学校は2020年、中学校は2021年から完全実施となります。

つまり、今、日本の教育は10年に一度の大きな節目を迎えているのです。

で、その新しい学習指導要領の大元にある発想は、非常にかいつまんでいうと、「大人に言われたことに対して素直に従うだけの子どもではなくて、自分の頭で考えて、行動できるような子どもを育てる」ということです。

 

しかし、現実には、先生たちは、「右を向きなさい」と言ったら、特に疑問をもたずに、言われた通りに右を向く子どもたちのほうが当然、扱いやすいはずです。

先生たち自身も、素直に右を向いて育ってきた人ばかりです。

先生たちにとっては無理して変えないほうが快適でしょう。

だって、もしも、子どもたちが頭で考えるようになったらどうなるか……。

極端な例を挙げれば、先生が「右を向きなさい」と言ったら、自分の頭で考えますから、「なぜ右なんですか。理由を言ってください」「私は左の方がいいと思います」などと、言いだす子どもが増えてくる可能性があります(あくまでも極端な例です)。

そうすると、先生たちは今までのやり方では子どもを管理できなくなる可能性があります。だから、「変えたくない」力が当然、働きますよね。

 

このように、先生たちが今、実際に育てている子どもと、文科省が今後10年で育てたい子どもの間に、大きな「ずれ」があります。

このずれを少しずつ埋めていかないといけないんじゃないかと思うんですよね。

 

道徳は新学習指導要領に先行して、教科としてスタートしました。

実はこのことには大きな意味があって、道徳で、子どもたちに、自分で考える練習をさせて、新学習指導要領の完全実施へとスムーズに移行させたい、というねらいがあるようです。

 

現場にはいろいろ事情はあると思いますが、その意味でも「考え、議論する道徳」へと授業の質的変換を行っていただきたいなと、私は思っています。でないと、学習指導要領の実現が難しくなるんじゃないでしょうか。

形だけ、グループで適当に話し合いをさせて、「主体的、対話的で深い学び」をやった気になる……みたいなことになってしまうのかも。

 

あまりやる気でない先生たちの背中を押すには……保護者のみなさんが、道徳の授業でどんなことを教えているのか、チェックしに行くといいのではないかと思います。

「手品師」の授業を大人も見たほうがいいと思います。

このような、つっこみどころがある教材だからこそ、子どもが本音を語り出すとおもしろいんですよ!

テレビドラマの影響で「○○しない教師」が増える!?

今、テレビドラマでは、「○○しない主人公」の設定が流行っていると、ネットのニュースに書いてありました。

手術をしない医者、弁護をしない弁護士……だそうです。

医者は手術をするのが当たり前、弁護士は弁護するのが当たり前だから、これまでのドラマと差別化をするために、ドラマ制作者たちは「○○しない」設定を多用しているんだそうですよ。

 

でも、世間の人はそこまで考えませんよね。おそらく。

「○○しない」のがカッコイイ、そんなふうに思う若い人は多いんじゃないでしょうか。

このようなドラマが高視聴率だということは……世間の多くの皆さんも、「○○しない」を支持しているということです。

 

とすればですよ。

今後、「保護者のクレームに対応しない教師」、「連絡帳を書かない教師」、「子どもの家に電話しない教師」、「地域の行事に参加しない教師」が出てきたって、というか増えたって、不思議ではありません。

「○○しない」ドラマが好きな保護者の皆様は、「○○しない教師」を許してやってくださいね。自分は「○○しない」けど、教師はだけはダメ、というのはおかしな話です。

 

今の流行に乗って、これから若い教師の間に、どんどん「○○しない教師」が増えていくかもしれませんね。なんたって、社会の流行ですから。ドラマの制作者がそういう流行をつくりだしたんですから、責任はテレビにあります(笑)。

 

世の中というのは、よくできてますね。

教師が「○○しない」と宣言しやすい流れができてきたんですから。

これから、「○○しない教師」が増えてくれば……教師の「働き方改革」は大きく進展するかもしれません。

 

ぼろぼろの国立大学と、この国の未来

仕事柄、全国のいろんな大学へ行きます。

それでわかるのは、国公立系には、信じられないぐらいぼろぼろな建物を使っている大学があるということです。

先月行った、東京学芸大学は……全部がぼろぼろとは言いませんが、私が入った建物はぼろぼろで、虫の死骸がそこらじゅうに落ちていました。信じられない汚さ、古さです。夜は絶対に近づきたくないです。

数年前、おどろいたのは大阪市立大学でした。敷地の中には、きれいそうな建物もありますけど、私が入った建物(教授の研究室がある建物)は古くて薄暗くて、壁なんか崩れかけているような感じでした。

 

※ちなみに、東京大学は普通にきれいな建物と、年季の入った建物があります。

※でも、埼玉県立大学はものすごく建物がきれいでした。ドラマなどのロケに使われているそうです。

 

それに引き替え、私立大学の新しくてうつくしいこと。

もう、別世界です。

同志社大学も、立教大学も、建物が新しくて、明るくて、びっくりするぐらい快適です。学生さんもキラキラしています。

先月行った目白大学は、マックが教室にずらーっと並んでいて、ゲームか何かを作っているようで、時代の先端を行ってる専門学校のようでした。

 

だいたいの場合、国公立大学はボロボロの建物が多くて、それを見て思うのは、この国にはお金がないんだろうな、ということです。

 

昨日、秋田大学へ行ったので、そこの教授に話を聞いたところ、建物だけじゃなくて、中身、つまり、大学での研究自体が危機だそうです。

すぐにお金に結びつきそうな研究は科研費(科学研究費助成事業)をとりやすいけれど、すぐに役に立ちそうもないもの、基礎研究にはお金が出ないと。

ビジネスの世界では、それは当たり前かもしれませんけど、研究の段階では役に立つかどうかなんて、わからない場合もありますからね。そうやって絞り込んでしまうと、新しい発想、チャンスは生まれてこないんじゃないかと……その教授はおっしゃっていました。

 

今後、国公立大学はどこへ向かうのでしょう。

地元密着の国公立大学は絶対に必要です。

地域の優秀な人材を都会に取られないためにも、特色を出し、独自の魅力を輝かせてほしいものです。

おそらく、これからは大学教授にも、お金を引っ張ってくるセンスが必要、ということなんでしょうね。

喜ぶべきか、悲しむべきか……今はまだわかりません。

 

日本は、OECDの中で、教育にお金をかけない国として知られています。

ほかの国は、もっとお金をかけています。

未来への投資として。

差が出てくるのは、いつでしょう。

日本はこれまで、ノーベル賞の受賞者を多数生み出してきましたが、今後はどうなるのか……。

 

大学でぼろぼろの建物に遭遇するたびに、この国にはもう、未来はないんじゃないかと思えてしまうんですよ。

これが、私の勝手な思い込みであればいいなと思っています。

タワマン上層階で暮す子どもと、エビデンスの問題

国や自治体、あるいは学校が、教育政策を考えるうえで、エビデンスは大事です。

何かをした後、「子どもたちの目の輝きが違います」と報告されても、効果があるんだか、ないんだか、よくわかりません。多くの人を動かし、多くの時間と金をつかって何かをおこなう場合には、それなりの根拠、エビデンスが必要ですよね。

 

でも、エビデンスがすべてではないと思います。

 

例えば、この記事。

タワマン上層階の子「成績は低迷」の理由(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース

タワマンの上層階って、一年中窓が開けられなくて、快適な環境が保たれていますが、季節感がないわけです。そこに住んでる子どもの中には、外に出るのが面倒くさくなって、実体験が不足してしまって、学力がイマイチになる子もいる、という話です。

もちろん、すべての子がそうなるというエビデンスがあるわけじゃないですが、高層階にお住まいの親御さんは、我が子の健やかな成長のために、その分、実体験をどのように補っていくのか、考えてみる必要があるんじゃないかと思うのです。

 

これなどは、エビデンスがまだないわけです。

タワマンで暮すことの子どもの発育や学力への影響を調べようとしたって、今までは、タワマンでそんなに長い間、生活した人自体がいなかったんですから。

 

こんなふうに、新しく出てきた問題にはエビデンスがありません。

だからって、重要でない、と却下していいわけではありませんよね。

 

最近は、「エビデンスがなきゃ、話にならない」みたいな言い方をする方がけっこういらっしゃいますが、エビデンスを重視する、非常に頭のいい人たちこそ、現場の感覚を大事にしてほしいと思うんですけど。

大事な事を見落とさないように。

そして、新たに、みんなの役に立つエビデンスを導き出すために。

 

エビデンスは大事だけど、直感も大事、両方とも大事だと私は思うんですよね。