日本の教育を考える

日本の教育が少しでも良い方向に進化していってほしいなと願いつつ、感じたことを書いてみます。

道徳の「手品師」が教科化でどう変わるのか

今月はずっと、道徳の取材をしていました。

「手品師」という有名な教材があります。

これは全教科書会社、8社の小学校の教科書に掲載されています。

つっこみどころがある内容なので、新聞などで「いかがなものか」とよく紹介されます。

 

どんな話かといいますと、

腕はいいが売れない手品師が、ある日、しょんぼり座っている男の子を見つけたので、手品を見せてあげました。男の子はとても喜んでくれたので、次の日も見せる約束をします。その夜、友人から「明日、大劇場のマジックショーに出ないか」と誘われます。手品師はどっちに行こうか迷って、男の子との約束を守りました。

という話です。テーマは誠実です。

 

この話を読んだときの率直な感想は、「なんじゃ、こりゃ~。人生、それでいいのかよ」です。男の子の気持ちは大事にしてあげたいけれど、チャンスをつかむほうを選んだっていいんじゃないかと、私は思いました。

そして、「男の子との約束を守った手品師は誠実でえらい、みんなもそうするべきだ」と授業で教えるとしたら、この国はいい人ばかりになるかもしれませんが、この国の未来にとってそれがいいことなんだろうかと、疑問を感じました。

 

今年度から道徳が小学校で教科になりました。中学校も来年度から教科になります。

そのキャッチフレーズは、「考え、議論する道徳」です。

文科省は「価値観の押し付けではないか」との指摘を受け、「そうならないように、『考え、議論する道徳』をする」と、言っています。指導方法を、これまでとは変える、そういう前提での教科化です。

 

取材で今回も専門家の先生にお話をお聞きしましたが、「手品師」を題材に、「考え、議論する道徳」がきちんと行われれば、ものすごくおもしろい授業になることがわかりました。

誠実とはなんだろう、と本質的なことを深く考えさせるような授業です。

 

ただですね、問題は、学校現場には、道徳の授業のやり方を変える気がない人たちがたくさんいる、ということです。

これは校長先生の方針次第のようなんですが……。

これまで通りでいいじゃないか、それでずっとやってきたんだからと、そう思っている校長先生の学校では、なかなか変わっていかないようです。

そもそも先生たちは道徳だけ教えるわけではないですからね。今後はプログラミング、英語……勉強することがいっぱいあります。できない理由はいくらでも見つかります。

そうすると、これまでのように教材を読み、登場人物の気持ちを考えさせ、「手品師はえらい。みんなも誠実に生きよう」でまとめるような、価値観を押し付ける授業が、今後も続く可能性があります。

 

ここでちょっと横道にそれまして、新学習指導要領に付いて考えてみます。

新学習指導要領というのは、10年に一度、文部科学省が定めていまして、幼稚園から高校まで、園や学校でどんなことを教えるのか、その基準が書いてあります。

新しい学習指導要領は2017年3月に告示されまして、小学校は2020年、中学校は2021年から完全実施となります。

つまり、今、日本の教育は10年に一度の大きな節目を迎えているのです。

で、その新しい学習指導要領の大元にある発想は、非常にかいつまんでいうと、「大人に言われたことに対して素直に従うだけの子どもではなくて、自分の頭で考えて、行動できるような子どもを育てる」ということです。

 

しかし、現実には、先生たちは、「右を向きなさい」と言ったら、特に疑問をもたずに、言われた通りに右を向く子どもたちのほうが当然、扱いやすいはずです。

先生たち自身も、素直に右を向いて育ってきた人ばかりです。

先生たちにとっては無理して変えないほうが快適でしょう。

だって、もしも、子どもたちが頭で考えるようになったらどうなるか……。

極端な例を挙げれば、先生が「右を向きなさい」と言ったら、自分の頭で考えますから、「なぜ右なんですか。理由を言ってください」「私は左の方がいいと思います」などと、言いだす子どもが増えてくる可能性があります(あくまでも極端な例です)。

そうすると、先生たちは今までのやり方では子どもを管理できなくなる可能性があります。だから、「変えたくない」力が当然、働きますよね。

 

このように、先生たちが今、実際に育てている子どもと、文科省が今後10年で育てたい子どもの間に、大きな「ずれ」があります。

このずれを少しずつ埋めていかないといけないんじゃないかと思うんですよね。

 

道徳は新学習指導要領に先行して、教科としてスタートしました。

実はこのことには大きな意味があって、道徳で、子どもたちに、自分で考える練習をさせて、新学習指導要領の完全実施へとスムーズに移行させたい、というねらいがあるようです。

 

現場にはいろいろ事情はあると思いますが、その意味でも「考え、議論する道徳」へと授業の質的変換を行っていただきたいなと、私は思っています。でないと、学習指導要領の実現が難しくなるんじゃないでしょうか。

形だけ、グループで適当に話し合いをさせて、「主体的、対話的で深い学び」をやった気になる……みたいなことになってしまうのかも。

 

あまりやる気でない先生たちの背中を押すには……保護者のみなさんが、道徳の授業でどんなことを教えているのか、チェックしに行くといいのではないかと思います。

「手品師」の授業を大人も見たほうがいいと思います。

このような、つっこみどころがある教材だからこそ、子どもが本音を語り出すとおもしろいんですよ!

テレビドラマの影響で「○○しない教師」が増える!?

今、テレビドラマでは、「○○しない主人公」の設定が流行っていると、ネットのニュースに書いてありました。

手術をしない医者、弁護をしない弁護士……だそうです。

医者は手術をするのが当たり前、弁護士は弁護するのが当たり前だから、これまでのドラマと差別化をするために、ドラマ制作者たちは「○○しない」設定を多用しているんだそうですよ。

 

でも、世間の人はそこまで考えませんよね。おそらく。

「○○しない」のがカッコイイ、そんなふうに思う若い人は多いんじゃないでしょうか。

このようなドラマが高視聴率だということは……世間の多くの皆さんも、「○○しない」を支持しているということです。

 

とすればですよ。

今後、「保護者のクレームに対応しない教師」、「連絡帳を書かない教師」、「子どもの家に電話しない教師」、「地域の行事に参加しない教師」が出てきたって、というか増えたって、不思議ではありません。

「○○しない」ドラマが好きな保護者の皆様は、「○○しない教師」を許してやってくださいね。自分は「○○しない」けど、教師はだけはダメ、というのはおかしな話です。

 

今の流行に乗って、これから若い教師の間に、どんどん「○○しない教師」が増えていくかもしれませんね。なんたって、社会の流行ですから。ドラマの制作者がそういう流行をつくりだしたんですから、責任はテレビにあります(笑)。

 

世の中というのは、よくできてますね。

教師が「○○しない」と宣言しやすい流れができてきたんですから。

これから、「○○しない教師」が増えてくれば……教師の「働き方改革」は大きく進展するかもしれません。

 

ぼろぼろの国立大学と、この国の未来

仕事柄、全国のいろんな大学へ行きます。

それでわかるのは、国公立系には、信じられないぐらいぼろぼろな建物を使っている大学があるということです。

先月行った、東京学芸大学は……全部がぼろぼろとは言いませんが、私が入った建物はぼろぼろで、虫の死骸がそこらじゅうに落ちていました。信じられない汚さ、古さです。夜は絶対に近づきたくないです。

数年前、おどろいたのは大阪市立大学でした。敷地の中には、きれいそうな建物もありますけど、私が入った建物(教授の研究室がある建物)は古くて薄暗くて、壁なんか崩れかけているような感じでした。

 

※ちなみに、東京大学は普通にきれいな建物と、年季の入った建物があります。

※でも、埼玉県立大学はものすごく建物がきれいでした。ドラマなどのロケに使われているそうです。

 

それに引き替え、私立大学の新しくてうつくしいこと。

もう、別世界です。

同志社大学も、立教大学も、建物が新しくて、明るくて、びっくりするぐらい快適です。学生さんもキラキラしています。

先月行った目白大学は、マックが教室にずらーっと並んでいて、ゲームか何かを作っているようで、時代の先端を行ってる専門学校のようでした。

 

だいたいの場合、国公立大学はボロボロの建物が多くて、それを見て思うのは、この国にはお金がないんだろうな、ということです。

 

昨日、秋田大学へ行ったので、そこの教授に話を聞いたところ、建物だけじゃなくて、中身、つまり、大学での研究自体が危機だそうです。

すぐにお金に結びつきそうな研究は科研費(科学研究費助成事業)をとりやすいけれど、すぐに役に立ちそうもないもの、基礎研究にはお金が出ないと。

ビジネスの世界では、それは当たり前かもしれませんけど、研究の段階では役に立つかどうかなんて、わからない場合もありますからね。そうやって絞り込んでしまうと、新しい発想、チャンスは生まれてこないんじゃないかと……その教授はおっしゃっていました。

 

今後、国公立大学はどこへ向かうのでしょう。

地元密着の国公立大学は絶対に必要です。

地域の優秀な人材を都会に取られないためにも、特色を出し、独自の魅力を輝かせてほしいものです。

おそらく、これからは大学教授にも、お金を引っ張ってくるセンスが必要、ということなんでしょうね。

喜ぶべきか、悲しむべきか……今はまだわかりません。

 

日本は、OECDの中で、教育にお金をかけない国として知られています。

ほかの国は、もっとお金をかけています。

未来への投資として。

差が出てくるのは、いつでしょう。

日本はこれまで、ノーベル賞の受賞者を多数生み出してきましたが、今後はどうなるのか……。

 

大学でぼろぼろの建物に遭遇するたびに、この国にはもう、未来はないんじゃないかと思えてしまうんですよ。

これが、私の勝手な思い込みであればいいなと思っています。

タワマン上層階で暮す子どもと、エビデンスの問題

国や自治体、あるいは学校が、教育政策を考えるうえで、エビデンスは大事です。

何かをした後、「子どもたちの目の輝きが違います」と報告されても、効果があるんだか、ないんだか、よくわかりません。多くの人を動かし、多くの時間と金をつかって何かをおこなう場合には、それなりの根拠、エビデンスが必要ですよね。

 

でも、エビデンスがすべてではないと思います。

 

例えば、この記事。

タワマン上層階の子「成績は低迷」の理由(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース

タワマンの上層階って、一年中窓が開けられなくて、快適な環境が保たれていますが、季節感がないわけです。そこに住んでる子どもの中には、外に出るのが面倒くさくなって、実体験が不足してしまって、学力がイマイチになる子もいる、という話です。

もちろん、すべての子がそうなるというエビデンスがあるわけじゃないですが、高層階にお住まいの親御さんは、我が子の健やかな成長のために、その分、実体験をどのように補っていくのか、考えてみる必要があるんじゃないかと思うのです。

 

これなどは、エビデンスがまだないわけです。

タワマンで暮すことの子どもの発育や学力への影響を調べようとしたって、今までは、タワマンでそんなに長い間、生活した人自体がいなかったんですから。

 

こんなふうに、新しく出てきた問題にはエビデンスがありません。

だからって、重要でない、と却下していいわけではありませんよね。

 

最近は、「エビデンスがなきゃ、話にならない」みたいな言い方をする方がけっこういらっしゃいますが、エビデンスを重視する、非常に頭のいい人たちこそ、現場の感覚を大事にしてほしいと思うんですけど。

大事な事を見落とさないように。

そして、新たに、みんなの役に立つエビデンスを導き出すために。

 

エビデンスは大事だけど、直感も大事、両方とも大事だと私は思うんですよね。

日大チア部パワハラ問題と、学校のいじめの共通点

またまた日本大学です。今度は、チアリーディング部で、女性監督によるパワハラがあったそうですね。

この一連の流れの中で、私が気になったのは、大学の保健体育審議会の対応です。

女子部員側は保体審に監督との仲裁を求めた。当初は応じる姿勢を示したものの「監督と直接話してください」
女子部員側は保体審に監督との仲裁を求めた。当初は応じる姿勢を示したものの「監督と直接話してください」
女子部員側は保体審に監督との仲裁を求めた。当初は応じる姿勢を示したものの「監督と直接話してください」

毎日新聞によりますと、女子部員が大学の保健体育審議会に対して、仲裁を求めたところ、「監督と直接話してください」などと言ったそうです。

これは、非常にありがちな、ものすごくダメな対応例です。

 

まず、学校のいじめの対応で、これはよくあるダメなパターンだといえます。

例えば、Aくんが、Bくんを中心としたグループにいじめられ、Aくんが、担任に相談したとします。

このとき、ものすごくダメな担任は一人で解決しようとします。Aくんと、Bくんとその仲間たちを同時に呼び、話し合わせるそうです。担任は黙って見てるだけ……。

最近のいじめは、いじめてる側が頭が良くて、学級委員だったりするんですよ。Bくんは弁が立ちます。建設的な話し合いなんてできるわけないじゃないですか。

 

Bくんとその仲間は、Aくんの悪いところを言い連ね、担任は最後に「Aにも悪いところがあったな」と言い、ケンカ両成敗に持っていきます。みんなで握手して終わり、みたいな。

悪口の集中砲火を浴び、いっそう深く傷ついたAくんは、翌日から不登校になってしまうのです。学校に行けば、絶対に報復されるからです。

 

こういう場合、ちゃんとした担任であれば、学年の先生たちと協力して、Aくん、Bくん、その仲間たち、当事者全員に対して、生徒一人に先生一人で、じっくり話を聞きます。しかも、Bくんたちが口裏合わせをしないように、すべて同時進行で行います。

そりゃ、Bくんにも言い分はあるでしょう。Aのあそこが気に入らないとか、こういうところが嫌だとか。だからといって、「いじめてはいけない」ということを、Bくんとその仲間に指導しなくてはいけないのです。

 

また、企業のパワハラ・セクハラ問題の対応でもよくあることのようです。

例えば、ある社員が、企業の人権担当部署にパワハラやセクハラの被害を訴えます。

そうすると、担当者はパワハラ・セクハラ上司を思いやり、事を大きくしたくないため、「二人でよく話し合ってください」と言うそうです。

パワハラやセクハラをしてくる人と、二人きりでまともな話し合いなんかできるわけないじゃないですか。

結局、話し合いは行われず、被害者が会社を去っていくケースが多いそうです。

 

いじめを担任に訴えた時、あるいは、セクハラやパワハラを企業の担当セクションに訴えた時、「両者で話し合ってください」と言われたら……。

それを言った人は物を知らないし、問題を解決する能力を持っていないということです(人間的にいい人であっても……解決できません)。

だから、相談しても無駄。時間の無駄です。

他の相談ルートを探したほうがいいと思います。

それが無理なら、その組織からすみやかに脱出しましょう。

学校を「水筒OK!」にするには保護者の力が必要

猛暑のせいで、水筒を学校に持って行ってもいいでしょ、という声が聞かれます。

私個人は、子どもが体調を崩すぐらいならい、持っていけばいいじゃないの、と思います。

 

しかし、学校レベルで考えると、そう簡単にはいかないのも理解できます。

おそらく、要望した保護者のみ、個別対応ということで、持ってきてよろしい、となっている学校が多いのではないでしょうか。

 

それには理由があります。

①全員がそろわないものに学校はOKを出しにくい。

いろんな経済状態の家庭があり、いろんな価値観の保護者がいますから、保護者が水筒を買ってくれるかどうか、という問題があります。

いわゆる普通の家庭が多い地域に育った方には想像できないかもしれませんが、学校にはいろんな子どもがいます。

 

②「学校に水筒を持ってきなさい」となったら、学校が水筒を管理しなくてはいけない。

 

高学年になれば、自分で管理できそうですが、1、2、3年生あたりは管理がなかなか難しそうです。

2時間目までに全部飲んじゃった。

一度にたくさん飲みすぎて授業中にトイレに行きたくなった、下痢した。

落として水筒が壊れちゃった。

友だちのを飲んじゃった。

水筒を学校に忘れて帰った。

……などなど、放っておけばいろんなことが起きそうです。

水はよくてジュースはダメ、というルールを設けた場合、いちいち先生がチェックするんですか、という話になります。

先生たちは、それでなくても忙しくて休み時間もないし、トイレにもいけなくて困っているというのに、子どもがドリンクを飲むのをチェックしたりして、ますます仕事を増やすんですか、というお話です。

 

ですから、現在水筒OKになってない学校が、OKにもっていくには……学校に交渉してやってもらうよりも、保護者のみなさんが動いたほうがスムーズなのではないかと思います。

PTAのほうから話し合いを申し込むのです。

そして、例えば、クラスごとにPTAから水筒当番を出します…とか。

ドリンク係の保護者が毎日、2時間目の後の休み時間にスポーツドリンクをつくって配ります……とか。

PTAがこうしますから、学校は許可をお願いします、みたいに提案する形で話を持って行くのがいいのではないかと思います。

 

大事なのは、学校の先生たちの仕事をできるだけ増やさない方向で、話を進めることです。

などと書くと、そのぐらい先生がやってくれてもいいじゃないの、なんて声が聞こえてきそうですが、学校に全面的にお任せするつもりでいると、物事は進んでいかないんじゃないかと……。

なんたって「働き方改革」ですからね。

 

これも、子どものためです。

子どもを守るには、保護者の力が必要なんじゃないでしょうか。

ネットによって、常識は強化される

常識でしょ。

こうするべきでしょ。

よくこういうことを口にする人がいますが、常識的な方こそ、おおらかになっていただけたらなと私は思っております。

 

先日、高校時代の友人の告別式に参列しました。

告別式に参列するのは、何年かぶりだったので、すっかりいろんなマナーを忘れていたのです。で、こんなとき頼りになるのはネットです。

検索してみたところ、何を持っていって、何を着ていって、どんなふるまいをすればいいのか、事細かに書いてありました。

びっくりするぐらい。

 

告別式に行ってみたら、セオリー通りの人たちばかりでした。ネットに「こういうものを着ましょう」と書いてある通りの洋服を着て、「こういうバッグを持ちましょう」と書いてある通りのバッグを持っています。

そして、人をうまく誘導するスタッフがいて、無駄がありません。

亡くなった方が教育者だったせいもあるんでしょうが、胡散臭い人はいなくて、すばらしく秩序が保たれた空間でした。

正直、驚きました。

以前……、というのは、ネットの情報がこんなに充実する前のことですが、葬儀にはもっと混沌があったと記憶しています。

きちんとした人もいれば、ちょっとルーズな感じの人もいるみたいな……。

酔っぱらってる親戚のおじさんもいる、みたいな。

それもありでしょ、みたいな、あいまいさ、おおらかさがあったのです。

それは、「正しいお葬式」の答えを誰も知らなかったからです。

マニュアルなんて、誰でもすぐに見えるところにはなかったので。

ところが、今は、「正しいお葬式」の常識がきちんとネットに示されており、それを知らないと、あっという間に「非常識な人」になってしまいます。

知ってる人は常識人、知らない人は非常識、の線引きがしやすくなったとでもいいましょうか。

 

ネットの情報がこんなにも充実したのは、ここ10年ぐらいでしょうか。

ネットは非常に便利で、私も情報収集で頼っていますが、こうやって常識というのは強化されるのかと、実感しました。

この流れは止められないものでしょう。

別に嘆いているわけではありません。

みんなが同じような黒い服を着て同じ時間に、同じ空間にいたとしても、黒い服の中身は、個性豊かで、それぞれ自分の人生を一生懸命生きているに違いないと、私は知ってるからです。

 

ただ、私は少々心配になります。

常識が強化されると、秩序を保とうとして、非常識な、異分子的な人たちを責める人たちが出てくるんじゃないかと思うからです。

ちょっとだけ非常識(?)な人がいたとしても、私もそういう人ですけど、「そういう人もいるよね」と、おおらかに受け止めてくれる社会であってほしいなと思うんですよね(犯罪行為は別ですよ)。

 

それには、学校の教育が大事だと思うのです。

 

例えば、忘れ物をしょっちゅうする子は、「悪い子」じゃないってことです。

単なるうっかりではなく、そういう特性を持った子かもしれません。

その場合、先生から叱られたって、改善できませんからね(その特性を踏まえてどんな対策をしていくのか、を考える必要があります)。

みんな個性があります。違う考えを持っています。

それでよし、としないと。

秩序を保つことに熱心になりすぎると、結局、みんな苦しみます。小さな差異を見付けられて、次は自分が排除されるんじゃないかと心配になるからです。みんな総出で「非常識狩り」をする、みたいなことにならないでほしいんですよね。

 

常識が強化されやすい世の中になったからこそ、学校生活の中で、多少の違いは気にせず、おおらかに他者を受け入れることを教えてほしいな、なんて思っております。