日本の教育を考える

日本の教育が少しでも良い方向に進化していってほしいなと願いつつ、感じたことを書いてみます。

教員の長時間労働縮減へ 各地の動き 備忘録

見つけたら、更新していきます。

●宮崎県都城市 宮崎日日新聞より

都城市教育委員会は、今年度から、印刷や作品掲示、丸つけなどを代行する支援員の配置事業に乗り出しました。5中学に教諭支援員を配置し、この取組は県内初だそうです。

 

●部活動の休養日を設定

週2日休み 愛知県、三重県名古屋市

週1日休み 山梨県

朝練禁止 豊橋市

 

長崎県教育委員会 2017年9月より、毎月第3日曜日を県内一斉の「ノー部活動デー」に設定した。一斉の休養日設定は初めてで、体育部だけでなく文化部も対象としている。県教委はこれまで中学校に週2日以上、高校に週1日以上の休養日を設定するよう呼び掛けていた。しかし、スポーツ庁の昨年度の調査では、長崎県内の公立中で、週2日以上の休養日を設けている運動部は3・3%であった。県の調査では、県立高の64%の運動部が休養日を週1日設定していたのが県立校の64%であった。県教委は2021年度までに100%を目指す。(西日本新聞の記事より、一部を抜粋)